×

カテゴリー

  • 寄木細工|いづみや 寄木細工|いづみや
  • 寄木細工|いづみや 寄木細工|いづみや
  • 寄木細工|いづみや 寄木細工|いづみや
  • 寄木細工|いずみやがお届けする日本の伝統工芸
寄木細工|全国一律送料500円
寄木細工|8,000円以上で送料無料
寄木細工|海外発送承ります

カテゴリー

メニュー

会員登録がお得!

会員登録をすると「ひみつ箱全商品」に対して、商品合計金額の3%分のポイントをプレゼント!
秘密箱以外の商品については、1%分のポイントをプレゼントしております。

寄木細工|江戸時代から受け継がれる心技 寄木細工|江戸時代から受け継がれる心技
  • 日本を代表する雑貨となった、寄木細工。
  • 日本だけでなく、世界でも高い評価を受けております。
  • 300年前から今なお受け継がれるのは、様々な樹木の自然の色と職人としての心技。
  • どちらかの火が消えてしまったら、この幾何学模様は存在しません。
  • 日常のちょっとした小物に、日本の伝統工芸品を取り入れてみませんか?

新着商品

お知らせ

包装・説明書についての
ご案内

当店では、商品を購入していただいた方も、その商品を受け取る方も大切なお客様です。
贈る方の気持ちと、受け取る方の気持ちを考えながら心を込めて包装いたします。
海外のお客様へお贈りする際には、英文の説明書をお付けしておりますので
どうぞお気軽にお問い合わせください。

寄木細工の魅力

寄木細工の魅力

寄木細工は、箱根の自然そのものである。

寄木細工は、箱根の樹木の種類の多さにより色鮮やかな幾何学模様が可能です。
インテリア小物、ひみつ箱、からくり箱と、私たちの生活を彩るものは、職人の表現豊かな想像力によって生まれます。
寄木細工の一番の魅力は、この独特なデザインが織り成す日本伝統を味わえるということです。
日本だけでなく、世界中でも高い評価を受け続けております。
現在では、和風インテリアとしてだけでなく、和洋折衷のインテリア雑貨として、どんな場所やシーンにも馴染む風合いある品物です。

寄木細工の魅力

寄木細工は、種類の多い木材それぞれが持つ異なった材色や木目を活かし、寄せ合わせながら精密な幾何学文様を作り出します。
一定の厚みの種板とし、これを特殊な大鉋で薄く削り小箱などに貼布したり、そのまま加工し製品にする手作りの木工芸品です。
薄く削った模様を木製品の外側に貼り付ける手法を「ヅク貼り」、種板を加工して形作る手法を「ムク作り」といいます。

幾何学について

幾何学は、空間の物体や図形の性質を研究する数学の分野のひとつで、エジプトに起源を持ちます。
当時、定期的に氾濫していたナイル川により土地の境界が破壊され、それを再配分するに当たり土地の測量を行っていました。
その測量術が発達し、幾何学という分野の学問ができたといわれています。
この空間や図形の性質を活かした模様が、幾何学模様です。

幾何学の不思議な魅力

幾何学模様は、直線や曲線、三角や菱型、円などを用いて描かれます。
線や図形を組み合わせたひとつのパータンを規則的、または不規則的に繰り返すことで、多種多様な模様を描き出せます。
幾何学模様には不思議な魅力を感じませんか。
様々な模様があり、単純に規則正しく並べられた模様もあれば、平面に描かれていながら立体的な空間や歪んだ空間など、不思議な感覚になります。

身近にある幾何学模様

数学のひとつの分野である幾何学は、なんだか難しそうだと感じるかもしれません。
しかし、空間や図形の性質を捉えており、日常生活の中でもよく見かけます。
ダリアや椿、ひまわりといった植物、建造物の外壁や天井、着物や浴衣、帯のデザイン、学校の校章、ステンドグラスなど、その模様は多種多様で、私たちは普段から何気なく幾何学模様を目にしているのです。

寄木細工の模様と種類

寄木細工の模様

亀甲 文字通り、亀の甲羅をモチーフにした六角形を繋ぎ合わせた模様です。
六角形の模様は連続模様でずっと途切れない、亀は縁起のよい生き物という理由から吉祥模様として愛されています。
市松 色違いの正方形を交互に並べた市松模様は、寄木細工ではよく使用されています。
18世紀に活躍した歌舞伎役者・佐野川市松が袴にこの模様を施したことから、市松という名が付けられました。
七宝矢羽
(しっぽうやばね)
七宝模様と矢羽根模様を組み合わせた七宝矢羽は、バリエーションが豊富です。
同じ大きさの円を4分の1ずつ重ねていく七宝模様は、円満・調和などの意味があります。
矢羽は魔除けの破魔矢や的を射る、放った矢は戻ってこないなどの意味があり、縁起のよい模様とされています。
麻の葉 麻の葉をモチーフにした模様です。
麻は成長が早くたくましいことから、子どもの健やかな成長を願うための産着にも多く使われていました。
江戸時代に歌舞伎役者の岩井半四郎が、麻の葉模様を施した衣装をつけたことから人気がでました。
切りちがい升 風車をモチーフにした模様です。模様のパターンはいろいろとありますが、中心点がずれないのが特徴です。
シンプルでありながら、日本美を感じさせる模様です。

寄木細工の模様には、他にも様々な種類があります。
ひとつひとつの模様に意味や由来がありますので、意味を知っておくことで選ぶときの楽しみの幅が広がります。

寄木細工で使用する木材の特徴

様々な種類の木材を使用して作る寄木細工。
それぞれの木材が異なる色彩と木目を現していることで、鮮やかなデザインと目を引く色合いが完成するのです。
寄木細工で使用する木材の一部をご紹介いたします。

エンジュ エンジュは元々中国原産の樹木で、現在では国内でも植樹されています。
心材はやや赤みを帯び、辺材は淡黄白色をしているため、異なる色調を楽しめます。
やや硬さがあり加工には時間がかかる一方、強靭なため割れにくい性質があります。
また、腐りにくく、耐久性が高いことから保存性に優れている木材です。
磨くことで美しい艶が出るため、完成度の高い作品が仕上がります。
神代木 神代木とは数百年、数千年前に、噴火や大きな地崩れにより、地中深くに埋まった木材のことです。
神代木には神代カツラ、神代タモ、神代杉、神代ケヤキなどがあります。
神代木は通常の木材とは異なり、落ち着いた深みのある色が特徴的です。
自然災害により生み出されたもので、残存数は少ないのが神代木です。
木材によりヒビが見られることがあり、無傷のものは希少価値が高くなっています。
桜は日本の国花であり、国内には天然記念物に指定されているものもあります。
やや重みや硬さはありますが、材質がしなやかな特徴があります。
また、粘り気や強さがあるため細かい加工もしやすく、磨くことで光沢が出てきれいに仕上がります。
ケヤキ ケヤキは広葉樹林の中で最も優れた木材であり、構造材や装飾材など使用用途が幅広いのが特徴です。
心材は黄色味がかった褐色から紅褐色をしており、辺材は淡い黄褐色をしています。やや重くて硬い性質ですが、加工はそれほど難しくはありません。
肌目は荒くはなっていますが、磨くとほど良い艶が出ます。強度・耐朽性・美観の3拍子が揃っている木材です。
ミズキ ミズキは寄木細工の他にこけしの材料として多用される木材でもあります。
心材と辺材の色の差はあまりなく、白色やくすんだ白色、淡黄色をしています。
ミズキは木材の中でも最も白に近い色であり、加工性は良いですが耐朽性は低いです。

無垢材とは(寄木細工)

寄木細工|無垢材とは

加工をしていない「木」を無垢材といいます。(寄木細工)
1本の木から、数本しか取れないため、多く生産できません。
高級な「木」本来のぬくもりが感じられる無垢材は、家具や雑貨などに多く取り入れられております。
家具やインテリア雑貨にも使用される無垢材には、多くの魅力があります。

また、無垢材は寄木細工にも使用されており、自然を感じることのできるおすすめの木材です。
その無垢材とはどのようなものでしょうか?
当店では、通販にて無垢材を使用した寄木細工の秘密箱、家具、インテリア雑貨など様々な商品を取り揃えております。

無垢材の魅力(寄木細工)

自然を感じられる(寄木細工)

加工をしていない「木」を無垢材といいます。
1本の木から、数本しか取れないため、多く生産できません。
高級な「木」本来のぬくもりが感じられる無垢材は、家具や雑貨などに多く取り入れられております。

安心・安全に使用できる(寄木細工)

無垢材は、自然のまま使用されているため、健康に影響のある物質が含まれていません。
他の素材で使用される接着剤には「ホルムアルデヒド」が含まれており、シックスハウスの原因になります。
その反面無垢材は自然そのものですから、小さなお子様がいるご家庭や健康を意識している方におすすめです。

機能性に優れている(寄木細工)

無垢材は、古くからある日本の歴史的建造物・遺産・遺跡にも使用されているほど、強度のある素材です。
他にも湿気に強いため、水や雑菌の繁殖を防ぐ性質があります。
室内の湿気を吸収し、乾燥していれば湿気を放出するなどの湿度調整ができる優れものです。

特定商取引法

お支払いについて

代金引換、銀行振込、郵便振替、クレジットカード決済を用意してございます。
ご希望に合わせて、各種ご利用ください。
代金引換はお支払い金額が300,000円(税込価格)以上の場合はご利用できません。
申し訳ございませんが、他の決済方法をご利用ください。

クレジットカード

・各種クレジットカードがご利用いただけます。

代金引換

ご注文確認後、ヤマト運輸または佐川急便の代金引換宅配便でお送りします。
お客様へ商品到着時、商品と引換に代金をお支払いいただきます。お支払いいただく代金は商品の代金と送料、代引き手数料が必要となります。

郵便振替・銀行振込

  • ご注文後7日以内に振込みをお願いいたします。
  • 振込確認後、商品を発送いたします。
  • お支払いいただく代金は、商品の代金と送料、手数料となります。
  • 銀行振込・郵便振替をご利用の際は、別途取引手数料のご負担をお願いいたします
  • ※郵便振替の場合、振込の確認に時間がかかります。
    誠に申し訳ございませんが、ご了承ください。
 

送料・発送について

  • ・商品代金8,000円以上に限り送料無料といたします。
  • ※離島地域の方は別途メールにて送料をお知らせいたします。
    ※上記本文中の商品代金・送料・代引手数料はすべて税込のものです。

海外発送承ります。送料はこちら

返品・交換について

お客様のご都合によるご返品には対応できかねますのであらかじめご了承ください。
商品到着後、中身のご確認を必ずお願いいたします。

商品には万全を期しておりますが、万が一不良品・誤送品があった場合は、早急に対応いたします。
恐れ入りますが商品到着後8日以内にご連絡ください。
それを過ぎますと返品交換のご要望はお受けできなくなりますので、ご了承ください。

一度開封された商品(開封後不良品とわかった場合を除く)、お客様の責任でキズや汚れが生じた商品の返品はお受けできません。

※詳細は【特定商取引法】をご確認ください。

お問い合わせ先

お問い合わせは、下記連絡先にて承ります。

TEL
0460-83-6030
FAX
0460-83-6280
E-mail
info@yosegi.jp
営業時間
10:00~16:00(木曜日定休)

箱根 寄木細工コラム

2021.10.27

箱根寄木細工に使用する木材。伐採後は、数年かけて自然乾燥を行います。また、奥深い色合いが人気の埋もれ木。これは、倒木して数百年地中に埋まっていた木のことで、そうそう見つけられるものではありません。よく使われる木材は、ホオノキ、ニガキ、サクラ、ミズキ、タモなどの雑木です。

2021.10.20

様々な木が採れることで発展していった箱根寄木細工。現在は、箱根山系は国立公園に指定され、木材を入手することはできなくなっています。代わりに、国内各地や輸入木材など、60種類ほどの木材を使用して、あの美しい自然な色合いを活かした製品が製作され続けています。しかし職人の数は年々減ってきており、伝統技術を継承するため、様々な活動が展開されています。

2021.10.13

箱根で寄木細工が盛んに作られるようになったきっかけは、箱根の山々では豊富な種類の木材が採れたことが一因と言われています。また、もともと東海道の宿場町として古くから栄えていたこともあり、旅人が土産物として買い求めたことで全国にその名が広められていき、箱根寄木細工としてのブランドが確立していったのです。

2021.10.06

箱根寄木細工は、江戸時代の後期にはすでに作られ始めていました。初期のころは現在のような様々な模様が幾何学的に敷き詰められたものではなく、乱寄木といって、もう少し大きめにカットした木材を寄木した感じのものでした。現在のような連続模様の構成になったのは明治初期、静岡方面の寄木技法の影響を受けてからと言われています。

2021.09.29

寄木細工といえば箱根ですが、歴史はとても古く、実は中東のシリアあたりが発祥の地と言われています。わゆる古代メソポタミアですね。古代エジプトにもその技術が伝わり、ファラオの副葬品の中に含まれているのが発見されています。やがてヨーロッパ各国、そして日本にはシルクロードを経てつたわり、それぞれの地域で独自の進化を遂げました。

2021.09.22

後世に残したい、箱根寄木細工の伝統技術。技術を伝えるために、小田原箱根伝統寄木協同組合では、定期的に研修会を開いたり、新製品の開発をしたり、箱根寄せ木細工の振興に力を入れています。飽きの来ないやさしい木のぬくもり。何代にもわたって愛される一品を、大切な方への贈り物に、いかがでしょうか。

2021.09.15

幾何学模様が美しい、箱根寄木細工の文様は、60種類ほどあります。しかし、色合いや模様の配置はいくらでも変えることができますので、応用次第によっては無限に作り出せるともいわれています。箱根細工は江戸時代から続く伝統技術のひとつ。ぜひ、ご家庭に一ついかがでしょうか。

2021.09.08

箱根寄木細工を特徴づける幾何学模様は、実は手作業で作られたもの。
美しい模様が連続して隙間やズレなく並ぶようにするには、最初の部材をどれだけ正確に作れているかが重要で、熟練した職人技が光るところでもあります。職人が一人前になるには10年くらいかかるといわれ、その数は50人ほど。数少ない職人が生み出す作品を、ぜひ手に取てみてください。

2021.09.01

箱根寄木細工の文様を生み出す数々のやさしい色あいは、各板が持つ天然の色を素材としています。箱根の山々には様々な樹木が生い茂っていたことから考え出された技術なのです。ただ、現在は箱根の山々の多くは国立公園に指定されており、木材を採ることができなくなりましたので、材料は日本全国から、ときには海外からも取り寄せて制作にあてています。

2021.08.26

箱根細工の製法は、ざっくり「貼り」と「無垢」の2種類です。
貼りのほうが歴史が古く、寄せ木して模様を作り出した種板をカンナで薄く削ったものを、タンスや小物などの表面に貼っていくという製法。無垢は、種板事態をそのまま加工して作品を作り出す製法で、どこを削っても切っても寄木の模様が現れるのが特徴です。

2021.08.18

箱根寄せ木細工の色合いは、すべて、自然のままの木が出しています。寄せ木細工に使われる木は50種類以上もあるといわれ、木々について知り尽くした職人による、高度な技術の結晶があの美しい幾何学模様なのです。
かつては高級家具や調度品もつくられ、一方、箱根の土産物として一般の人々にも広く浸透。どんな人々にも受け入れられてきた、稀有な伝統工芸品なのです。

2021.08.04

一定の形に切り出した複数の種類の木片を合わせて基礎となる模様を作って輪切りにする。それを板状に寄せ集め、種木をつくる。箱根寄せ木細工の幾何学模様は、ざっくりいうと、こんなふうに制作されています。簡単に聞こえるかもしれませんが、美しい文様に仕上げるには、木を伐りだす角度や接着などに高い技術が求められるのです。

2021.07.28

箱根は、豊富な種類の木材が採れる地域。様々な色合いを持つ、自然の木々の風合いをそのまま活かして制作されるのが、寄せ木細工です。とくに、高い技術が問われるち密な幾何学模様は海外でも高く評価され、海外の知人への贈り物としてのニーズも年々高まっています。いづみやでは、日常生活に溶けこむ雑貨も多数制作。記念品としてだけでなく、伝統工芸品を日常生活にも取り入れてみてください。

2021.07.21

贈り物として喜ばれる、伝統工芸品。
末永く使っていただけるだけでなく、日本が海外にも誇れる技術が生活の中にあるということは、生活に余裕を感じさせ、ゆとりが生まれます。伝統工芸品をとおして家族の中で会話が生まれることで、日本の古き良き文化が次の世代に受け継がれていくのです。
いづみやでは生活雑貨も多数ラインナップ。ぜひ一度、ご覧になってみてください。

2021.07.14

お部屋のインテリアのひとつに、箱根寄せ木細工はいかがでしょうか。箱根細工に限らず、伝統工芸品を日常生活に取り入れることがもっと一般的になれば、世界に誇れる日本の職人の伝統技術は末永く続いていくことでしょう。いづみやでは、フォトフレームやメガネスタンド、お盆やトレーなど、日常でよく使う様々な生活雑貨も多数制作しております。

2021.07.07

箱根寄木細工でもっとも有名な作品は、やはり箱根駅伝のトロフィーでしょう。このトロフィーは、箱根町が寄木細工の復興に尽力していた伝統工芸士の金指さんにオファーして生まれたもので、1997年に完成しました。以来、毎年趣向を凝らしたものが作られ、優勝校に手渡されていますが、なんとこれ、毎回設計図はなく、唯一無二の作品なのだそうです。

2021.06.30

箱根寄木細工の美しい幾何学模様。現在およそ50種類ほどあり、代表的なのは「市松」「六角麻の葉」「からみ桝」など。模様は、組み合わせた木材の種類と、模様の基礎となる貼り合わせた木材のブロックにどんな角度でのこぎりを入れるかなどでいろんな模様がつくられるのです。ほんの数ミリの角度の違いで、規則正しい幾何学模様になるかどうかが決まるため、卓越した職人の技術が光ります。

2021.06.23

箱根寄木細工の特徴である美しい幾何学模様は、さまざまな色合いの木材を組み合わせて作られています。「種板」という、模様の基礎となる寄木ブロックをつくり、その組み合わせであの文様を作り出しているのです。箱根寄木細工は、以前は「ヅクばり」という、種板をかんなでうすく削りだした模様のシートを、小箱などに化粧材として貼ったものが主流でした。現在は「ムクづくり」といって、種板自体をそのままくりぬいてつくった作品が好評です。

2021.06.16

箱根寄木細工は小田原と、ここ箱根町にのみ技術が伝承されている技法です。遡ること江戸時代後期、箱根畑宿の石川仁兵衛が確立したと言われています。畑宿は箱根南部にあった旅人の休憩場所で、街道の両側に並んだ数々の茶店に多くの人々が集まり、いつも賑わっていました。そんな畑宿の土産として人気を博したのが、この箱根寄木細工だったのです。

2021.06.09

江戸時代後期、畑宿という小田原と箱根の真ん中辺りにある宿場町で、寄木細工は誕生しました。畑宿の石川仁兵衛が、木の種類が豊富な箱根の山の特性に着目したのが始まりで、そこから色や木目の違うさまざまな木を寄せ合わせてお盆や箱を作ったのが箱根細工の始まりとされています。美しい幾何学模様の箱根寄木細工は箱根旅の土産物として人気を博しています。

2021.06.02

伝統模様は50種類以上存在します。
寄木細工に使われる伝統的な模様は50種類以上あるので、箱根細工という一括りではありますが、模様は50種類を超えます。
「六角麻の葉」や「市松」「からみ桝 (ます) 」などが代表的な模様になります。
組み合わせる木材の種類と、部材を貼り合わせた物をのこぎりで切る際の角度を変化させる事で様々な模様を作り出すのが箱根細工の魅力です。

2021.05.26

箱根寄木細工には、「ヅクばり」と「ムクづくり」と呼ばれる技法がありますが、これは種板の加工方法の違いによるものです。「ヅクばり」は古来から行われている技法で、種板をカンナで薄く削ってシート状にした物を小箱などに化粧材として貼っていくのに対し、「ムクづくり」は種板をそのままくり抜き作品を作る技法です。箱根寄木細工の魅力を多くの人に知ってもらうために近年考案された技法です。

2021.05.19

箱根寄木細工の魅力は美しい幾何学模様であり様々な色合いの木材を組み合わせることで作られています。 基礎材と呼ばれる材料となる木を型に入れて切り、そこから模様の部材を作ります。そして同じ形の部材を貼り合わせる事で、模様の基礎となる小さな寄木のブロックをつくります。
その小さなブロックをさらに貼り合わせてできるのが、「種板 (たねいた) 」と呼ばれる大きなブロックです。

2021.05.12

箱根寄木細工のあの美しい模様は、ご存知の通り、木々が持つ自然の色合いを活かして作られているのです。箱根には様々な種類の木々が自生しており、寄木細工作りに適していた、ということですね。どんな種類の木々を使っているのか。白っぽい色を出すのはもちのき、しなのき、みずきなど。褐色系だとけやき神代、ウォールナットなど。こうした様々な種類の木々が、あの模様を彩っているのです。

2021.04.28

箱根には、寄木細工を展示する美術館がいくつかあります。
そこでは、寄木細工の体験のほか、江戸時代につくられた歴史的価値の高い寄木細工の展示を見ることができますのでぜひ調べてみてくださいね。
展示や体験を通して、寄木細工がぐっと身近に感じて頂けることでしょう。
歴史ある寄木細工をぜひ、お手元にひとつおいてみてはいかがでしょうか。

2021.04.21

箱根寄木細工は、1984年に経済産業大臣より国の伝統的工芸品として指定を受けました。
あの独特な、繊細で美しい幾何学模様を作り上げる技術は他に例を見ない貴重な技術であると、国が認めたのです。
また、箱根寄木細工を製作している技術者たちは伝統工芸士という国家資格者でもあり、この工芸品を通じて、その高度な技術や技法を後世に伝えていくことが求められています。

2021.04.14

箱根寄木細工の源流である静岡の寄木細工は、現在は衰退して製作されなくなってしまったのですが、タンスのような大きな家具に寄木を貼ったタイプのものが多かったそうです。
対して、土産物として発展した箱根寄木細工は、持ち運べる小さな細工のものが多いのが特徴。
また、繊細で美しい幾何学模様のものが作られるようになったのは、箱根寄木細工になってからなのです。

2021.04.08

江戸時代。三代目将軍の家光は、現在の静岡市浅間町に浅間神社を造営することにしました。のために日本全国から宮大工や漆職人など、当時を代表する職人たちが集められたのですが、彼らは神社の完成後もそのまま静岡に留まり、家業としてその技術を受け継いでいくようになったのです。 寄木細工技術もその一つ。そしてついに江戸時代後期、石川仁兵衛によってその技術が箱根に伝わるのです。

2021.03.31

奈良時代、日本には唐から仏教をメインに様々な文化がもたらされました。寄木細工もその一つ。日本でも、奈良時代に既にその技術を真似て寄木細工が作られたことがわかっており、数点ですが現存しています。しかし、その後漆工芸が発達し、寄木細工は一旦人気がなくなってしまいましたが、それでも技術は脈々と受け継がれ、ついに江戸時代、箱根に根付き、箱根寄木細工として人気の工芸品に発展していくのです。

2021.03.24

箱根寄木細工は江戸時代後期に生まれましたが、寄木細工の技術自体は、遠くはるか4,000年以上もの昔、西アジアで誕生した、と言われています。奈良の正倉院には、その西アジア製の寄木細工製品が約50点以上納められているそうで、それらはシルクロードを通り、唐からもたらされた品々なのだそうです。ロマンを感じずにはいらませんね。

2021.03.17

寄木細工の歴史は古く、江戸時代後期に生まれたと言われています。小田原と箱根の中間あたりにある宿場町に住む石川仁兵衛が、箱根の山に自生する豊富な種類の木々に注目し、様々な色や木目のものを組み合わせてお盆などの工芸品を作ったのが始まりとされています。その美しい模様が評判となり、この宿場町のお土産として有名になっていったのです。

2021.03.10

寄木細工の美しい幾何学模様。これは、まず材料となる木材、基礎材と呼びますが、それを模様の形になるように型に入れて切り、模様の基礎となるブロックをいくつも作ります。それらブロックを組み合わせることであの美しい幾何学模様を作り上げていくのですが、まさに職人の技術の成せる技。その模様は50種類以上あると言われています。

2021.03.03

江戸時代から受け継がれてきた日本が誇る伝統工芸品、寄木細工。その美しい幾何学模様は、江戸時代後期に箱根を視察したシーボルトをも魅了しました。彼は寄木細工を多数購入し、そのうちの数点はオランダに持ち帰られたと、「シーボルトコレクション」の目録に記録されています。また、同時代に出島で働いていたプロムホフというオランダ人はも、同じく寄木細工に魅了されて持ち帰り、彼のコレクションは後年、オランダ国王によって買い上げられ、宮殿の展示室に展示されました。

2021.02.24

箱根のふもと小田原では、平安時代には既に西国から来た木地師たちによって椀や盆が作られていました。彼らは豊富な良材でいっぱいの箱根の山々にも目をつけ、室町時代には漆を塗った「小田原漆器」が誕生。戦国時代の武将、北条氏の保護と奨励のもと、小田原漆器はどんどん発展していきます。そして木々の加工技術や道具が向上した江戸時代後期、ついに精緻で美しい幾何学模様を持つ寄木細工が誕生するのです。

2021.02.17

寄木細工が誕生してからおよそ200年。日本を代表する伝統工芸品のひとつに認定されてから、ますます技術が磨かれ、精緻で美しい幾何学模様が施された商品が日々作られています。模様は、それぞれの木を同じ長さに切り揃え、専用の接着剤でくっつけて作られていきます。麻の葉、鱗、亀甲といった伝統的な模様から現代の職人によるオリジナルなものまで。多種多様な模様はずっと眺めていても飽きが来ません。

2021.02.10

寄木細工の商品には、レーザー技術で名入れができます。今年も春が近づいてまいりました。ご卒業やご就職、ご入学の記念品として、学校名や日付を入れてみてはいかがでしょうか。そのほかちょっとしたメッセージを入れることもできますし、日本語での文字入れはもちろん、アルファベットでの文字入れも可能です。まずはご相談ください。

2021.02.03

寄木細工の幾何学模様を構成している木材の色。これは、自然のままの木の色を活かしているので、同じ模様でも、使う木材によって印象がガラッと変わります。例えば楠や樟なら茶色、黄色っぽい木材は桑、など。人工的に着色することはせず、自然なままの色味を活かしているので、どんなインテリアにも溶け込める風合いを出すことができるのです。

2021.01.27

伝統工芸品として人気が高い箱根寄木細工。最近では海外の方へ贈り物として購入されるお客様も増えてまいりました。当店では、英文の説明書のほか、英文表記された熨斗や包装についても用意しておりますので、購入の際にお申し付けください。また、海外発送も承っています。海外発送についてはインターネット通販でも対応いたしますのでご相談ください。

2021.01.20

寄木細工の幾何学模様には、1つ1つ意味が込められています。例えば、亀甲。文字通りカメの甲羅をモチーフにした六角形の模様です。カメと言えば古くから、縁起の良い生き物として知られていますね。六角形の模様も、ずっと途切れずに繋げていける、縁起を担いだ模様でもあるのです。ホームページでは、他にも模様について解説しているページがございます。是非ご覧ください。

2021.01.13

箱根寄木細工の魅力である木材の色味。これは、丸太から切り出した、自然なままの状態の「無垢材」の風合いによるものです。無垢材は工業的な加工がされていないため、健康に害のある物質を含みません。それだけでなく、お部屋の湿度に合わせて湿気を吸収したり放出したりするので、古くから家具に雑貨にと使われてきた木材でもあるのです。

2020.12.23

「日本らしさ」を感じさせる、寄木細工。繊細な造りと、正確な技法の結晶ともいえる日本の伝統工芸品です。しかし職人の数はだんだんと少なくなってきており、若い世代や伝統工芸品をあまり知らない方に、伝統工芸品の良さをもっと広めていきたいと考えています。単なる芸術品に留まらず、日常に溶け込む商品も数多く制作しており、皆さまにもっと身近なものとなるよう、努力し続けております。

2020.12.17

いづみやの人気が高い商品のひとつ、お箸。お箸には「幸せへの橋渡し」という意味があります。2本が寄り添う様子から夫婦や両親を連想させ、結婚祝いや両親のお祝いの贈り物に最適です。縁起の良い贈り物をお探しの方は、ぜひご覧になって行ってください。また、寄木細工の箸置きや箸箱、箸立てなどもあり、いずれも通販でも取り扱っております。

2020.12.09

いづみやは、箱根寄木細工専門店として芦ノ湖の目の前に店を構えています。箱根にいらした際はぜひ、伝統工芸である寄木細工にも触れてください。ネットの画像ではわかりづらい、職人の手仕事を直に感じて頂けます。箱根の旅の記念品、また、大切な方への贈り物としてもお勧めです。名前入れも承っておりますので、会社の記念品としてもどうぞ。

2020.12.02

箱根の寄木細工の代名詞といえば、「ひみつ箱」。簡単には開けられない、パズルの様な繊細なからくりを施しています。 職人の手作りが活きた技の賜物です。このひみつ箱は、英語の説明書をお付けして海外発送にも対応しております。日本の古き良き伝統工芸の1つ、箱根細工。海外の方へのプレゼントとしても、多くの方から選ばれている自身の一品です。

2020.11.25

お歳暮の季節。いづみやでは贈り物に最適な数々の商品を取り揃えております。ラインナップが豊富で選ぶのが大変、というお客様は、「贈答品選びガイド」のページをご活用ください。箱根の名品、寄木細工。「和」が持つ伝統の美しさをぜひ、大切な方へのプレゼントに。こだわりぬいた、自信をもってお勧めできる品々で皆さまをお待ちしております。

2020.11.19

いづみやでは寄木細工の商品だけでなく、木象嵌の商品も取り扱っております。木象嵌は下絵に沿ってくり抜いた木材に、同じ大きさ・形に象った他の木材を嵌めこむことで色彩を表現する日本の伝統工芸です。いづみやのHPでは、木象嵌についてのページや、商品の購入ページもございますので、是非ご覧になってみてください。

2020.11.12

いづみやの寄木細工の商品には、お名前をお入れすることができます。会社や学校の記念品でしたら、会社名や学校名をお入れいたします。また、お名前だけではなくメッセージもお入れできますのでより思い出深い記念品に仕上がります。会社の記念品でしたら、お名刺入れや印鑑入れ、学校の記念品にはフォトフレームやコースターはいかがでしょうか。どうぞご相談ください。

2020.11.04

箱根細工は、欅などの木材が持つ天然の色や木目をそのまま活かし、職人が伝統の技術で手作業で作り上げる工芸品です。 その鮮やかな文様から贈答品としても長く重用され、いづみやでも、箸置きや茶器といった小さなものから箪笥や引き出しといったインテリア品まで数多く取り扱っております。 コロナ禍でまだまだ遠出は控えたいという方は是非、いづみやのHPにもたくさんの商品を載せておりますのでどうぞご覧ください。

2020.10.28

箱根の寄木細工の代名詞といえば、「ひみつ箱」。ある部分の仕掛けを押したり引いたりすると箱が開くという、ちょっと不思議な造りが魅力。なんと江戸時代には既にこの技術が生まれ、貴金属を泥棒から隠すために使われていました。泥棒をも欺く緻密な文様は、海外からも注目され、長く愛されています。いづみやでも多数取り扱っておりますので、是非ご覧ください。

2020.10.21

箱根もいよいよ紅葉がちらほら始まりだしています。観光客も徐々に戻ってきているようですね。いづみやは、箱根のシンボル芦ノ湖の目の前に店舗を構えております。寄木細工は箱根を代表する工芸品。ぜひお手に取っていただき、職人の技を感じてください。このサイトの店舗案内のページには割引クーポンも用意しております。GO TOトラベルキャンペーンで箱根にお越しの際は、ぜひ。

2020.10.13

当店で販売している商品には、名前を入れることも可能です。寄木細工の商品に名前を入れることによって、特別な方への贈答品や記念品としてご利用いただくことができます。送る相手に合わせて書体などもお選びいただくことができます。

2020.10.07

寄木細工にはさまざまな模様があります。その多くは日本の伝統的な模様です。古くから縁起の良いものとして知られている亀の甲羅を模した亀甲、歌舞伎役者・佐野川市松が好んだ市松模様様々な模様が使用されています。日本独特の模様であるため、外国人に好まれるものでもあり、また、どんなインテリアにでも似合う模様をしています。

2020.09.29

伝統工芸で彩る上質な日常をあなたに。箱根寄木細工専門のいづみやではカトラリーや食器を始め、様々な生活雑貨を販売しております。木を組み合わせて作ったとは思えないような色鮮やかなデザインの数々が持ち手の人生に花を添えてくれます。ご家庭に、職場に、おもてなし用に、贈り物に、様々な用途にご利用ください。

2020.09.23

コロナ禍でなかなか日本に来れない海外のご友人やお取引先のために、日本の伝統工芸品をプレゼントしてみてはいかがでしょうか。いづみやでは江戸時代から続く技術を使い、箱根寄木細工を作成、販売しております。海外への発送は英文の説明書や紹介文も同封致します。発送可能国は別ページをご参照ください。

2020.09.15

忙しい日常から少し離れて、寄木細工でほっと一息つきませんか。箱根寄木細工専門店のいづみやでは様々なキッチン雑貨を販売しております。茶器やぐい呑みは木の温もりを一層感じさせてくれます。またお箸やお盆は贈り物にぴったり。どの商品も名入れ加工ができるので、ご家族や大切な人のプレゼントに是非ご利用くださいませ。

2020.09.08

大切なものを隠すのに箱根寄木細工専門店いづみやの「ひみつ箱」もしくは「からくり箱」はいかがですか。日本で古来から使われている伝統技術を駆使して、あなたの大切なものを守ります。子どもたちの知育玩具としてもオススメですし、小さなお子さまに触られたくない大切な貴重品や小物入れにも最適です。最大21回操作が必要なものまであります。

2020.09.02

芦ノ湖の前に佇む一軒の専門店、いづみやでは箱根の伝統工芸、寄木を販売しています。寄木細工の暖かな木の温もりは手によく馴染み、また様々な木目が織り成す表情は一つとして同じものがありません。日本古来の匠の技を駆使し、職人が丹精込めて作りました。「大切な人だからこそ、特別な贈り物を」みなさまのご注文をお待ちしております。

2020.08.25

箱根の寄木細工は複数の木材をそれぞれ異なった木目や色を活かしながら寄せ合わせて精緻な幾何学文様を作り出しいます。それを基に作った製品には、文箱から引き出し箱・宝石箱といった箱をはじめ、テーブルアクセサリーと幅広く木工芸品として愛用されてきました。

2020.08.18

贈り物をするときにはどのようなものを贈ればいいか、贈っても相手にちゃんと使ってもらえるかどうか、という不安がつきものです。寄木細工でできたインテリアは大きさもそこまで大きくなく、お部屋のスペースを大きく占有してしまうこともありません。またデザインも和洋どちらも馴染むものですので、お部屋の雰囲気に合わないため使えないということもありません。

2020.08.04

寄木細工というのはさまざまな種類の木材を集めて作る木工細工です。木材の自然の色を組み合わせることによって模様を作り上げます。木工細工の一番の魅力はこの木材の造り出す美しさです。寄木細工は和洋折衷のインテリア細工としてどんな場所にもなじむようにできています。

2020.07.31

寄木細工は箱根に長く伝わる伝統工芸品です。木材の色を利用した幾何学的な模様は和洋折衷のデザインで、どんな空間でもなじむ品物となっています。お土産物や贈答品など、さまざまなシーンでご利用いただけるデザインになっています。

2020.07.15

寄木細工には大きく分けて2種類の製法があります。様々な木材をまとめて薄く削ったものを箱などの表面に貼り付けるズク貼り。集めた木材をそのまま製品の形に利用するムク作り。ズク貼りの場合には寄木細工は表面のみを彩り、内側はその製品を形作っている素材の色合いが出ることになります。ムク作りの場合には内側まで同じ素材が使われているため、表裏両面に同じ模様が作られています。

2020.07.07

木材を積み木のような形にして寄せ集め、それをスライスして模様を作る寄木細工という伝統工芸品があります。現在ではフォトフレームや小物入れ、箸置き、ジュエリーボックスや印鑑入れなど幅広い用途で利用されています。大切な方への贈り物に、海外から来た方へのお土産品に、寄木細工を贈ってみてはいかがでしょうか。

2020.06.30

箱根・小田原は長く続く木工の歴史があります。寄木細工はさまざまな種類の木材を合わせることによって、そのそれぞれの色合いを模様として利用するものです。その自然を利用した色合いには着色したものとは違う独特の風味を生み出しています。

2020.06.24

秘密箱とは、寄木細工のひとつである一定の手順を踏まなければ開かない箱のことです。もちろん表面に仕掛けがしてあり、その仕掛けを動かすことによって箱は開きます。表面の模様などで巧みにその仕掛けが隠してあるため、一見しただけでは開けられないような仕組みになっています。

2020.06.16

伝統工芸は日常生活で使われているものを手作業で作っているものであり、特定の場所で100年以上受け継がれてきた工芸品のことです。箱根の工芸品として国内外に有名なものとして寄木細工があります。寄木細工は木の色合いを活かして、複数の樹木を組み合わせて作った伝統工芸品です。箱根の豊かな自然を利用して寄木細工は作られています。

2020/6/9
伝統工芸品には長年の伝統的な技法や職人の技術が詰まっています。海外からの観光客も多い現在、日本のお土産として伝統工芸品は非常に多くの注目を浴びています。同じ用途の商品は海外の安価で作られた商品と比較すると高く感じられるかもしれません。しかし、そこには100年以上培ってきた技術とその土地の自然を利用した商品の特性があるのです。
2020/6/3
わたしたちは非常に多くのものに囲まれて生活しています。その中に自然を感じるものがあると、生産性や創造力を高めることができると言われています。箱根細工は箱根の多様な樹木を利用して作った工芸品です。樹木の自然な色合いを利用して日用品が作られています。
2020/5/26
伝統工芸品とは100年以上の歴史を持ち、その地域の自然を活かしたものです。民芸品とは異なり職人などの高い技術保持者が作り上げたものが多く、同じお土産ものでも民芸品よりも高価値なものが多くあります。箱根細工は箱根の伝統工芸品です。
2020/5/19
箱根は観光地としても有名で多くのパワースポットがあることや温泉地であることでも有名です。そんな箱根のお土産として寄木細工があります。寄木細工は豊かな箱根の山々の樹木を利用して作り上げた伝統工芸品です。箱根にお越しの際には是非箱根寄木細工をお求めください。
2020/5/12
箱根寄木細工は箱根の豊かな樹木を利用して作った伝統工芸品です。多くの木材のそれぞれの特徴や色合い、木目などを活かし幾何学模様を作り上げます。箱根寄木細工は箱根駅伝の往路優勝チームに送られるトロフィーになっていることでも有名です。海外でも評価の高い工芸品です。
2020/4/22
からくり箱は木材などで作られた箱であり、箱を開くためには特殊な手順を経て開かなければならないような作りになっています。その仕組みとしては表面の木材をずらすことによって箱が開くようになっています。箱根細工のからくり箱の場合その表面に装飾が施されているため、からくりのための木材の繋ぎ目がわからないようになっています。
2020/4/15
寄木細工とは日本の伝統工芸であり、200年ほどの歴史を持つものです。さまざまな色の異なる木材を組み合わせて模様を作り上げていきます。豊かな箱根の樹木を利用して作られた色鮮やかな幾何学模様は見る人の目を楽しませます。いづみやではそうした寄木細工で作られた雑貨の販売を行っております。ご自身の日用品として、また特別な方への贈り物として寄木細工をご利用いただいてはいかがでしょうか。
2020/4/9
当店で取り扱っている寄木細工アイテムの中でもとりわけ変わり種のアイテムだと言われているのが、組み木パズルです。 バラバラの木を組み上げるとダルマや恐竜、電車といった様々なデザインのものが出来上がります。 中には貯金箱になっているものもありますので、実用品としても最適です。ぜひご利用下さい。
2020/3/25
箱根細工の代表格・ひみつ箱。パズルを解くように開けていかないと箱自体が開けられないため、ご夫婦や恋人同士の間の大切な贈り物を収めるための箱に用いたり、埋めないタイムカプセルとして活用いただいたりと、様々なところで力を発揮します。いづみやでは様々なサイズ・色柄のひみつ箱を販売しております。
2020/3/18
クオリティの高い寄木細工のことなら、いづみやにお任せください。当店でお買い物いただく際は会員サービスにご登録いただくとより便利にお買い物できます。会員様はひみつ箱お買い上げの際は商品合計金額の3%、それ以外の商品の際は1%ポイントを差し上げております。
2020/3/11
秋田・大館の曲げわっぱ、石川・輪島の輪島塗、京都の西陣織など、日本は全国各地に名産となる工芸品が存在しており、その中でも「伝統工芸品」は法律で定められた規定に基づいて選ばれています。神奈川・箱根の工芸品・箱根細工は、そんな伝統工芸品のひとつです。いづみやでは、様々な種類の箱根細工を販売しております。
2020/3/6
大切な方への贈り物や会社や学校の記念品にも用いられることの多い寄木細工。いづみやでは、贈り物としてより特別感を出すために、名入れ加工のサービスを行っております。贈り先様のお名前や会社・学校の名前、日付やメッセージなどもお入れすることができますので、お気軽にご相談下さい。
2020/2/26
箱根細工の一種・木象嵌(もくぞうがん)をご存知でしょうか。木材を切り取り、違う木にはめ込む作業を続けていくことで1枚の作品を完成させる木工芸品です。いづみやでは、箱根や近隣の名所である芦ノ湖や富士山などをモチーフにした木象嵌の作品を販売しております。
2020/2/20
寄木細工は、からくり箱に代表されるような特殊な工芸品はもちろんのこと、筆箱や筆立て、箸置きのような身近に用いることのできる日用品にも利用され、親しまれています。私どもいづみやでも、寄木細工によるこれらの日用品を販売しております。どうぞお気軽にご利用下さい。
2020/2/12
箱根細工の代表格といえばなんと言っても『ひみつ箱』でしょう。指物技法を用いて作られるこの箱は、箱のある面や、特定の面に仕込まれた仕掛け部分を押し引きすることで箱が開放される、パズル要素を持ったとても楽しい工芸品です。いづみやでは、楽しく美しいひみつ箱を多数販売しております。ぜひご利用下さい。
2020/2/5
私どもいづみやでは、箱根の名産品である寄木細工を販売しております。寄木細工は、桜やケヤキ、カリンやウルシといった様々な木材を、その名の通り寄せ合って作り上げます。様々な木材を組み合わせ、寄せ合わせることで作られた美しい工芸品を、皆様のお手元にお届け致します。
2020/1/29
箱根細工の模様は幾何学模様と言って、古代エジプトにその起源があります。直線・曲線といった線類、三角形や菱形、そして円などを用いて描かれる模様は、大変に魅力的です。箱根細工では、亀の甲羅をモチーフとした『亀甲』や、色違いの正方形を交互に並べた『市松』などが幾何学模様の中からチョイスされています。
2020/1/22
伝統工芸品・寄木細工は、日本国内のみならず諸外国の方にも大変人気です。私どもいづみやは海外発送にも対応しており、取り扱っている寄木細工を世界各国にお届けしています。外国からのご注文はもちろん、外国にお住まいの方への贈り物にもぜひご利用下さい。
2020/1/16
箱根細工は、箱根の豊かな自然が詰まった工芸品と言っても過言ではありません。最大の特徴であるその色鮮やかな模様は、箱根に原生する豊富な種類の樹木が元となっています。それぞれの材色や木目を活かし、寄せ合わせることで産まれる魅力的なデザインを是非お手にとってお楽しみ下さい。
2019/12/20
日本を代表する伝統的な雑貨である寄木細工。日本国内はもちろん、諸外国からも高い評価を受けている寄木細工を通販で購入したい、そんなときは私どもいづみやをご利用ください。おなじみのひみつ箱・からくり箱から、各種雑貨まで多数取り扱っております。
2019/12/11
コラムを更新します。