携帯ページ

HOME»  寄木細工の使用木材・作り方

寄木細工の使用木材・作り方

寄木細工の主な用材

◆寄木細工で使われる無垢材や、複雑な模様の作られる様子をご紹介しております◆

エンジュ
エンジュ
ブビンガ
ブビンガ
モビンギ
モビンギ
サクラ
サクラ
ナトー
ナトー
ローズウッド
ローズウッド
日本産ホウ
日本産ホウ
中国産ホウ
中国産ホウ
パウローザ
パウローザ
ベリー
ベリー
タモ神代
タモ神代
クワ
クワ
モアビ
モアビ
カリン
カリン
ケヤキ
ケヤキ
カナリウム
カナリウム
ウルシ
ウルシ
レンガス
レンガス
カツラ神代
カツラ神代
カツラ
カツラ
ミズキ
ミズキ
ウォールナット
ウォールナット
   
 
 
工程,その一   寄木細工ができるまで1   工程,その二   寄木細工ができるまで2
寄木模様の色合いに適合した木材を
それぞれの厚さに削り、
模様の配色順に膠(にかわ)を
塗布し積み重ねます。
    それを万力で圧着します。  
工程,その三   寄木細工ができるまで3   工程,その四   寄木細工ができるまで4
重ね合わせた素材を寄木細工個有の型に合わせて単位模様の一辺を手鋸(てのこ)で切断します。
    切断された単位模様の一辺はさらに型に入れ、手鉋(てかんな)で正確に仕上げます。  
 
工程,その五   寄木細工ができるまで5   工程,その六   寄木細工ができるまで6
完成された単位模様の一辺
は単位模様を作るために一組づつ膠を平らに塗布します。
    さらに膠で単位模様を合わせ紐で締め接着します。  
 
工程,その七   寄木細工ができるまで7   工程,その八   寄木細工ができるまで8
こうして完成したものが単位となる模様です。これをさらに拡大するために手鋸で切断します。
    切断された単位模様材はさら
に寄せ集め、膠で接着します。この作業を繰り返しながら大きな模様材とします。これを種木(たねぎ)と呼んでいます。
 
 
工程,その九   寄木細工ができるまで9   工程,その十   寄木細工ができるまで10
この種木を大きな特殊な手鉋で一枚づつ丁寧に削ります。この鉋紙を“づく”と呼んでいます。削っても削っても同じ模様の“づく”は、まるで金太郎飴です。
    鉋で削られた“づく”は縮んでいますので、アイロンでのばし、これを小箱などの化粧材として使用します。箱に張ったものを“づく”張り、組み上げた寄木を素材としてロクロ挽きした菓子器などをむく作りと呼びます。  
 
 
寄木細工の模様亀甲(きっこう)
亀甲(きっこう)
  寄木細工の模様(黒麻)
黒麻(くろあさ)
  寄木細工の模様(市松)
市松(市松)
  寄木細工の模様(赤麻)
赤麻(赤麻)
  寄木細工の模様(小寄木)
小寄木(小寄木)
         

伝統工芸品を通販で手に入れよう!

伝統工芸品通販で購入しようとお考えの方は、いづみやまで。秘密箱やからくりたんすといった寄木細工を販売しております。高品質なうえに名入れをすることも可能ですので、お土産としてもご利用いただけます。
英文説明書を添付し海外輸出もしておりますので、外国人にプレゼントを贈ろうとお考えの方は、ぜひご検討ください。寄木細工で用いられる無垢材や製作工程に関して、何かご不明な点があれば、お気軽にお問い合わせください。