携帯ページ

HOME»  結婚祝におすすめの夫婦箸

結婚祝におすすめの夫婦箸

結婚祝は、二人が末永く幸せであることを願い、素敵なプレゼントを贈りたいものです。伝統工芸品である寄木細工の老舗店であるいづみやでは、寄木細工のオリジナル名入れ箸を扱っています。結婚祝には夫婦箸がおすすめです。

箸は神聖なものだった

箸は飛鳥時代に中国から神器として伝来され、一つは神さまのもの、一つは人のものとして考えられていました。
食事は人が生きる為に必要なものであり、命をつなぐものです。また、日本では「柱」には神が宿ると考え、神様も柱で数えています。箸も二つの柱です。 そのような理由から、箸は神聖なものとされたのでしょう。

「つなぐ」という意味が込められた箸

「はし」には、箸以外にも様々な意味があります。例えば、離れた場所をつなぐ「橋」、地上から高い場所に上る為の「はしご」。そのどれもが、離れた場所をつなぐことを目的としています。箸は人と食事の橋渡し役であることから、その名前がついたと考えられています。

ものをつなぐという意味が込められた箸には、「人の絆をつなぐ」という意味があり、夫婦箸は「夫婦二人がこれからも末永く幸せに」という意味合いがあります。他にも2本で一組なので「お互いに寄り添いながら生きていく」や、「幸せの橋渡し」などの意味をもっています。

夫婦箸には折れないものを

箸には様々な形、素材があります。箸は頑丈で折れないものが縁起がよいといわれています。いづみやで扱っている夫婦箸は、高品質の寄木鉄木を使用しています。寄木鉄木は「鉄」という言葉が使われているように頑丈で折れにくい特性をもっていますので、プレゼントにおすすめです。

いづみやでは夫婦箸以外にも、様々な寄木細工を使用した伝統工芸品を販売しています。マウスパッドやひみつ箱、名刺入れなどの伝統工芸品は名入れ対応しており、海外輸出も行なっています。海外輸出は英語の説明書もお付けしており、海外の方へのお土産としてご好評をいただいております。結婚祝などのお祝いの品をお探しでしたら、ぜひ、いづみやの通販サイトをご利用ください。