携帯ページ

HOME»  寄木細工について知る

寄木細工について知る

寄木細工とは

木材ひとつひとつの色合いの違いを利用して模様を描く木工技術・工芸品です。様々な種類の木材を組み合わせることによって、同じ木材でも完成する姿は違います。寄木細工は昭和59年には現在の経済産業省によって伝統的工芸品として指定されています。

寄木細工の技術は江戸時代末期に箱根町の畑宿で始まったとされていて、今なお技術継承されている日本の伝統文化です。寄木細工が盛んな土地は箱根。背景には日本屈指の豊富な樹種を誇っていた地域性が影響しているとも言われています。日本国内では他に例を見ない独特な木工芸品です。小田原地方、箱根地方は日本で唯一の寄木細工産地となっています。

使用する木材

雑木、さらには倒木して土に埋まり、数百年の時を経て絶妙な色合いを持つ桂などの埋もれ木が使用されます。白色系にはアオハダやミズキ、灰色系にはホオノキやサンショウバラ、黄色系にはウルシやニガキ、茶色系にはサクラ、アカグス、黒色系にはかつら神代、くり神代と色の系統別によって使用する木材も違います。寄木細工は一品一品に職人のこだわりが込められている工芸品なのです。

海外向けのお土産に選ばれる伝統工芸品

寄木細工は箱根発の伝統工芸品ですが、海外からは日本という国の伝統工芸品としてイメージされています。実際、ペリー来航によって下田が開港すると海軍の定番お土産物となっていました。横浜が開港すると漆器や陶器と一緒に箱根寄木細工も海外輸出されていた歴史があります。日本人のみならず、外国人にも喜ばれる贈り物としても貴重な存在となっています。

いづみやでは高品質の寄木細工アイテムを販売しています。商品へ名入れを実施しておりますので、夫婦の特別な記念日などにおすすめです。他にも、敬老の日や母の日の贈り物としても喜んでいただける品となっております。もちろんイベント時に選ぶだけでなく、普段の日常生活に取り入れることができるアイテムも豊富に揃えておりますので、お気軽にご利用ください。

国内向けの発送だけでなく、海外への発送も承っております。海外向けの贈り物、外国人への贈り物の際は商品紹介用紙を英語で貼り付けして発送致します。便利な通販でいつでもご利用いただけますので、ぜひギフト選びにお役立てください。